人事の仕事に携わって20年が経過しました。
一言で人事と言っても採用、教育、評価と幅広く、そして、奥が深い分野だと感じています。
「人の事」と書いて人事ですから、感情を伴う人を扱うからこその面白さ、同時に理屈だけでは通じない難しさが、個人的な探求心を掻き立てます。

True Visionは、企業が掲げるビジョンの達成を支援することを目的として作った会社です。
Trueには「真の、本当の」という意味があります。
これには、私が数百社を超える企業のコンサルティングやご相談を通じて、自らの課題にも気づいていない企業が多いことを目の当たりにしてきたことから、企業にとって、形だけ、抽象的すぎてよく分からない、他社のモノマネ、トレンドといった表面上のビジョンではなく、企業が本当に達成したいビジョンを支援したい想いを込めました。
例えば、「評価制度を見直したい」「評価制度をつくりたい」という企業からの相談があった場合、「なぜ評価制度を見直したいのか?」「評価制度を通じて、何を実現したいのか?」という質問を投げかけると、「他社が見直しているから」といった漠然とした回答、「人が関与せずとも評価が出る制度をつくりたい」、「誰が評価しても同じ結果になる制度」といった解決手法を求める回答が多くあります。
そもそも「何のために」評価制度を見直したいのか、つくりたいのかという目的が欠けているのです。例えば、社員が安心して働ける環境を作りたい、人を育てたい、社員が一丸になりたい、成果を追求する組織をつくりたい、それぞれの目的によって制度設計の方向性はまったく変わってきます。
更に言えば、わが社は何を目指し、何のために存在しているのか?
そこからしっかりと考える必要があると思います。

True Visionは、表層上の課題ではなく、真の課題は何なのか?に徹底的にこだわり、それぞれの企業が本当に求めるものを共に模索し、明確にし、前進していきます。

True Vision株式会社
代表取締役 片岡 祐樹